早稲田通信教育センター 川口学園生涯学習センター トップページへトップページへ
通信講座 資料請求 申込の流れ よくある質問 会社概要・MAP
通信講座
生活スタイルを変えないで確実にスキルアップ!

昭和10年の学園創立以来の伝統と実績
を持つ「早稲田通信教育センター」。
「いつでもどこでもどなたでも」できる通信教育が、あなたの生涯学習への意欲にお応えします。

通信講座

こちらのマークのついた講座は文部科学省に認定されています。

■「早稲田速記講座」終了のお知らせ

ホームページを御覧いただきまして誠にありがとうございます。
このたび、受講者数の減少につき2024年7月末日をもちまして当講座を終了することとなりました。

「資料請求」と「講座受講のお申し込み」は下記の期日にて受付終了になります。

資料請求………2022年7月15日(金)まで
講座申込み……2022年7月31日(日)まで

●2022年6月1日(水)〜7月31日(日)にお申し込みいただく場合はコチラ
●現在、学習継続中の受講生の皆様へのご案内はコチラ


なお、2024年7月末日をもちまして、課題レポート・修了試験・質問等、全ての受け付けを終了します。できる限り指導期間内での課題レポート合格を目指して学習を行っていただけますと幸いです。  ご不便をおかけし誠に申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


■資料請求、講座のお申し込みについて

当センターでは、ご案内資料につきましては「普通郵便」、講座のお申し込みに際しては第四種郵便にて教材を発送させていただいております。

●課題レポートの返送、ふれっくすNEWSの発送について

自然災害等の影響により、課題レポートのご返却、ふれっくすNEWSのお届け、その他郵便物については遅延の可能性があります。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
また被災によりご住所が変更になられました方は、送り先の変更も承りますので当センターまでご連絡ください。

●教材の破損・紛失、受講期限について

・教材テキストや課題レポート用紙等が被災により破損、あるいは紛失してしまった場合
・学習を続けられる状況ではなく受講期限が短くなってしまう等の場合

※上記またはそれ以外にもお困りの際には、個別にご相談を承りますので早稲田通信教育センター事務局までご連絡ください

【お問い合わせ先】
早稲田通信教育センター
〒171-8543 東京都豊島区高田三丁目11番17号
TEL/03-3232-0211 FAX/03-3200-8673
(電話受付時間 10:00-12:00 / 13:00-17:30 土日・祝日休業 夏季・年末年始・臨時休業あり)
E-mail:waseda-shougai@kawaguchi-g.ac.jp

早稲田速記講座は、みなさまの目的に応じて2種類のコースからお選びいただけます。


速習コース

電話や講義、会議などの要点メモが確実、簡単にとれるようになります。
短い期間と手ごろな費用で、速記の基本から中級までしっかりと身につきます。

学習のねらい
速記検定3〜6級に合格可能な速記文字を指導します。聞き取り速記の訓練を重ねていけば、授業や会議の書き取りが楽々できるようになります。

学習の内容
速記文字の特徴 五十音文字 二音文字 よう音 数字の書き方 基本省略法 中級省略法 常用語の省略法 情景描写 の記号 文例練習 など


全科コース

80年の伝統と研究成果を誇る「早稲田式速記法」の全体系が、着実に身につきます。プロ速記者への道も開ける、好評の標準コースです。

学習のねらい
速記検定1〜6級に合格可能な速記文字を指導します。授業や会議の書き取りが楽々できるようになります。

学習の内容
速記文字の特徴 五十音文字 二音文字 よう音 数字の書き方 基本省略法 中級省略法 常用語の省略法 情景描写 の記号 高等省略法 同音異義語 外国語 速度を上げる 検定問題速記文例 など


指導期間・教材 受講料 定員・開講
速習コース 6カ月
テキスト6巻/DVD/総索引/ファイト速字表/学習ガイド/課題レポート

28,518円(税込)* 定員はありません。いつからでも始められます。
全科コース 12カ月
テキスト12巻/DVD/総索引/ファイト速字表/速度練習CD/学習ガイド/
課題レポート
47,870円(税込)*
月1回、文部科学省認定講座を受講された方を対象に、検定情報や学習情報を掲載した機関紙(ふれっくすNEWS)をお届けしています。
年2回(春・秋)のスクーリングは、普段ひとりで学習していて生じた疑問や不安などが解消でき、通信教育では、唯一受講生と講師が触れ合う場です。
早稲田式速記文字について

話す言葉と同じスピードで書ける・・・通常、かなや漢字を交えて書き取れるスピードは1分間に約30字ですが、早稲田式速記をマスターすれば350字以上が可能に。この差は歴然です。
どうして早く書けるのでしょうか?その秘密は、速記文字が簡単な直線や曲線でできているからです。具体的に比較して見ましょう。

速記文字例

「顔」という漢字は18画ですが、速記文字ではわずか2画です。これが速さの秘密です。2カ月程度ですべての言葉が速記文字で書けるようになります。
「全科コース修了」であれば、会議、座談会、インタビューなどの場面で速記者として活躍できると同時に、速記ができることで仕事の能率が上がり、領域も確実に広がります。



一口メモ

速記は中学生、高校生からでも勉強を始められます
速記文字は、小学生高学年から中学生の学力でも、練習さえすれば書けるようになります。
学生時代に始めれば、勉強、就職、仕事とあらゆる場面で活用でき、一生の宝となります。万一、学業の都合などで一時的に中断しても、お持ちのテキストを使って再開できますので、修了まで安心して学習を継続することができます。これまでも、たくさんの小学生、中学生、高校生の方が受講し、修了しています。


早稲田速記講座のお申し込みGo

このページのトップへ

copyright(c). 1999-2004.Kawaguchi-Gakuen. all rights reserved.